コンテンツへスキップ

個人再生には何個かのデメリット

個人再生には何個かのデメリットが存在します。
最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士へ支払うお金が上回ったなんて事例もあります。しかも、この方法は手続きの期間が長くなってしまうので、減額してもらえるまでにかなりの時間を費やすことがたくさんあります。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引き受けているなら、もし債権者からの取立てがあっても拒否して債務者に支払いを求めるよう促すことが可能です。
けれども、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が支払いの一部または全部を放棄したとなると、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。

この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者とすり合わせを行って支払いを分割にしてもらう事はできます。和解後も借金が残る任意整理の場合は、委任から和解までの数カ月ほどは手続きをしてくれる法律事務所等に積立金をするといったケースがあります。
これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。任意整理を開始すると貸金業者等に対しての支払いが当面はなくなるため、浮いた分を積み立てておき、減額交渉の折り合いがついた際に司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。余れば返済に回すので無駄もありません。

弁護士に債務整理をお願いする際に、委任状が必要になります。

この委任状ですが、借金を整理したい債務者と弁護士の間で委任契約がしっかりと結ばれたことを示すのに使うものです。委任契約が結ばれると、弁護士が受任通知を出すため、業者からの催促の電話や郵便もストップします。他にも、契約を交わした弁護士は、依頼者の代理人として、全ての手続きを行ってくれます。
これ以上ローンの返済が難しい状態になり、いよいよ個人再生や任意整理といった事態になると、借家、賃貸マンションといった住宅に住みながら返済するのであれば、毎月の家賃の支払いも計算に入れておかなければいけません。
自己破産以外は借金は残っていますから、あわせて毎月の支出となり、減らそうとしても急に減らせるものではありません。債務整理の手続きが始まってから思い出しても遅いので、依頼する段階で弁護士ないし事務所の相談員などに伝えておきましょう。

借金問題の解決に債務整理は有効ですが、実際に何パーセントくらいを減額してもらえるのかというのは最大のポイントになります。

おおよその金額を知るためには、依頼したい弁護士事務所や司法書士に問い合わせると良いでしょう。

でも、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。インターネットで無料診断で債務整理の計画を立てられるものも増えていますから、一度使ってみて、目安にしておくと、良いかもしれません。

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、信用機関にその情報が記録されます。ですから新たなローンの申し込みは出来なくなるのはもちろん、手元にあるカード類も利用停止になります。それから、クレジットカードを新しく作成することもあきらめなければいけないでしょう。一方、既に契約している債務の場合、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いそのものは継続します。
個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。まず自己破産を行うのであれば、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。そして個人再生を行う場合は、保険契約を解約するまではいかないものの、解約返戻金自体は資産に繰り込まれますので、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。
裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。
頑張っても借金返済のめどが立たずに債務整理という手段をとるときは、いまではスマホやパソコンを使えば手軽に債務整理に関する情報を知ることができます。

けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから誰かに借金や債務整理のことがばれるおそれがあります。

スマートフォン対応のサイトも多いので、そちらを見るほうが安全かもしれません。

個々の状況次第で、適しているのは債務整理なのか、あるいは多重債務を1社の新たな債務にまとめるおまとめローンなのかは違うでしょう。前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、引き換えに信用情報に傷がついてそれが回復するまでは新しい借金をすることは不可能というデメリットがあります。かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることで支払いの総額をやや減らせますが、債務整理ほどではありません。ただ、そつなく払っていければ信用情報は無傷です。