コンテンツへスキップ

例えば親戚や友人の借金

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、債権者からの取立てを受けたとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。
ところが、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が返済の一部や全部を放棄してしまうと、債権者から未返済分の取立てが保証人に向かいます。
これを拒む事は不可能ですが、債権者とすり合わせを行って分割払いにしてもらう事は不可能ではありません。一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に委任状が必要になります。
これは、弁護士が債務整理の手続きについて委任を受けていることを証明するために必要になります。
依頼者が弁護士と委任契約を交わした後には、弁護士が受任通知を出すため、取り立てを止めてもらえるでしょう。委任契約を交わした弁護士は、債務者の権限を受けた代理人となって、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。
どのような債務整理であろうと、手続きを開始した時点で、貸主からの督促や連絡行為は一切禁止されます。しかし、債務整理のうち、個人再生や自己破産を選択したときは借入先全部が手続きに含まれますが、裁判所を通さない任意整理という手続きでは、一部の債権者を対象に手続きを行うことが一般的です。

ですから対象外の借入先からの督促や取り立ては止むことはありません。

財形貯蓄は、毎月支払われる給料から天引きして貯金していくことを言います。
債務整理の方法に自己破産を選んだ人の場合、財形貯蓄額と手元の現金の合計額が法上に定めのある上限を超えると、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。なお、上限額に達していない時でも、残高証明の裁判所への提出が求められます。

これは取引先の金融機関または勤務先に申請することで入手することができます。

債務整理をしたことの記録は、ある程度の期間残ります。

この情報が消えない間は、借入が不可能です。

情報は何年かでいずれ消されますが、それまでは誰もが見ることができる状態で保持されています。ついつい借金をしがちで、繰り返し債務整理をすることはできるのかと疑問を抱いている人もいるかもしれません。

一般的には無制限に何度でもすることができます。

とは言え、以前に債務整理をしたことがある上でさらに債務整理が必要だということになると、債務整理にとる方法にもよりますが、本来よりも承認されにくくなることも考えられます。

ですから、いざとなれば債務整理といい加減に考えるのはいけません。借金の整理のために債務整理をすると、信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。これはブラックの状態なので、債務整理後、しばらくの期間はクレジットカードや銀行ローンを利用することができないでしょう。

ちなみに、債務整理をすると情報が消えるまでおおよそ5年は見ておく必要があります。もし、債務整理を行っても、本人以外の身内が不利益を被ることはないようです。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、金融サービスの審査に受からなくなるといったことはありえないでしょう。けれども、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、注意してください。

個人再生の手続き方法ですが、これは弁護士に頼むのが一番スピーディーです。弁護士にお任せすることで、大部分の手続きをしてくれます。その過程で裁判所へ行くことになったり、債権者とのやり取りをすることもありますが、大変なことはほとんど弁護士に頼ることができます。

勇気を出して決めた債務整理なのに、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、委任自体をやめたい場合は、解任という手続きを踏まなければいけません。
簡単な手続きですが、うっかり見落としてほかの弁護士等と委任契約してしまうと、介入通知を債権者に二度送付することになり、揉める原因にもなります。
以前の弁護士への依頼はかならず解約(解任手続き)した上で、あらためて新しいところと委託契約を結んでください。
自己破産や任意整理などの種類がある債務整理は、どのようなかたちであっても返済しきれなくなった借金を整理するために最適な方法ですが、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

とはいえ、債務整理の最中に新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

新たな借金の事実が伝わってしまうと、裁判所での立場が悪くなって、免責が許可されなくなることもあります。銀行でローンを組んでいる場合は、個人再生をするとその銀行口座をストップされることがあります。

ですから、事前に残金を手元においておいた方がいいです。

銀行は損失を避けるために、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。

口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行側から見れば、そうでなければ困ることなのです。

債務整理を弁護士、司法書士に任せるとき、忘れてならないのは着手金及び以後発生する費用のことです。
借金がどうしても払えないのでどうなる